読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

停滞する攻撃と、エウシーニョ劇場

フロンターレ

6/7の湘南戦。

若干人気が下降気味という噂の、8.6秒バズーカーも来場したが、正直何が面白いのか最後までよくわかりませんでした。。。

試合は、開始から前線からのプレスにワタワタしている間に、クロスで軽い失点し、そのままズルズル悪いパターンへ。

確かに、スタメンはケンゴもベンチで、レナトも角田もいないし、総力戦って感じ。

にしても、全体的に運動量が少なく、連動性が皆無で、攻撃がかなり停滞している感じ。 リードされたのに、前半はほとんどいいところなく、ペナルティまで入るシーンはほとんどなく終了。

後半、いっそ2人替えしてもいいくらいだと思っていたけど、少し様子見をケンゴを投入。 入ってすぐのプレーで2列目からの飛び出しを演じてPK獲得。

本当に、それ以外で点が入る感じが全然しなかったので、ファールされないよりもありがたい。

湘南としては、バーに当たって入ったかに見えたミドルが、無残にノーゴールの判定だったのが悔やまれると思う。あとで見たら、どう見ても入っているように見える・・・明日は我が身というか、助けられたというか。

PKでとってからも、湘南は疲れていたのか、中盤でボールをまわせるようになるも、本当に危険な、迫力のあるプレーをすることができない。

このまま終了かと思われた最後のプレーで、エウシーニョがまさかのスーパーミドルを突き刺して、劇的な勝利。

内容では負けていたけど、試合では勝ってしまう。最近は逆のことも多かったけど、こうやって神様は帳尻をあわせてくるんだろうか。

ともあれ、本当によかった。

気になった選手は、

  • 森谷くんは、特に前半は唯一パスの出せる選手だったが、守備に攻撃に孤軍奮闘という感じで、負担が重すぎた。本当に彼の見えない貢献は、チームにとってかけがえのないもの
  • 谷口くんは、正直ボランチ適正ではないように見える。特に今日は守備でも特別強さを見せられなかったし、パスも動きもとにかく重そう。疲れか。
  • エウシーニョは、最後のシュートは別にしても、1人ドリブルでアクセントをつけて、前へ切り込む闘いをしていた。もっとフォローがほしかったし、他の人も彼を見習ってもっともっと1:1を仕掛けるべき。
  • 杉本は、前線からのプレスをよくサボる。もっと気迫をもってほしい
  • コミは、きちんと攻撃の仕事を果たしてほしい。ドリブルで縦に突破できる場面は数知れず、クロスももっとアーリー含めてあげていいし、その積極性がなければ、ノボリや車屋くんには現状勝てない。
  • 車屋くんは、安心して見てられた。疲れているはずなのに、やるべきことをきちんとこなしていたのは素晴らしい。