読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

2015/2/21 練習試合 川崎ー新潟 雑感

川崎フロンターレ開幕カウントダウンカレンダー2/25分です。

せっかくなので、練習試合の新潟戦を振り返ってみましょう。

全体としては、0−5から始まって、5−5に追いついたが、5−6で負けました。 特にトップが出た3、4本目で無得点なのは、練習試合とはいえ、いろんな側面で心配になる結果でした。

1、2本目

立ち上がり5分くらいに失点すると、DFラインが崩壊。30分ほどで5点献上。見ている方もびっくりした。練習試合といえども、さすがに・・・という微妙な空気。 後半は、三好くん、三苫くんの活躍もあって怒涛の反撃で、はかったように5−5で終了。

GK:新井
DF:武岡、板倉、井川、小宮山
MF:橋本、山本、三好、登里
FW:船山

ノボリが早々と安と交代。GKも松井に交代。 2本目途中から、U−18の選手が2人(1人は三苫くん)、安藤が出場。

  • 新井

    いいとこなし。現在のセカンドGKのつもりが、ボコボコに入れられ、本人も悔しいでしょう。実際は大半がDFの責任ではあるが、5本中1本は止めて欲しい。

  • 武岡

    守備が軽すぎる。攻めではいいところもあったが、何度も突破される。

  • 板倉

    高さはあり、足元も有望な印象だが、試合についていくのがやっとという感じ。思ったほど悪くない。

  • 井川

    さすがベテランのプレーも多かったが、トップをおびやかすほどではない。

  • 小宮山

    相変わらず消極的なプレーが目立つ。守備は安定しているが、攻めの時にノッキングしてしまう。積極的なプレーがないと、アピールに欠ける。

  • 橋本

    攻めで存在感、ゴールは冷静なシュートもあったが、良くも悪くもチームの中心だった。ボールを奪われるシーンも多かったが、連携によるところかもしれない。

  • 山本

    あまり存在感なし。プレースタイル的に、この試合展開では仕方ないか。評価が難しい。

  • 三好

    前半は消えていたが、後半一気に存在感を増した。消えている時間は長いが、相手を1枚はがす程度のプレーは常に見せていたので、この日一番のサプライズ。トップでの起用も十分に考えられる。

  • ノボリ

    痛々しいテーピングしていたと思ったら、あっという間に交代。無理に出す必要なかったのでは?怪我の影響で、プレーも全然ダメ。

  • 船山

    運動量や頑張りは認めるが、ゴールにつながるようなプレーはできていない印象。

  • ノボリの位置で、本来得意なポジションではないが予想に反して存在感を示した。パス中心の中で、5点ビハインドの状況で、一人突破にこだわって球際に強いこだわりを見せていたため、いいアクセントになっていた。バーに当てた惜しいシーンも、彼の強引さがよく出ていて、前への推進力という意味でも貴重な存在。

  • 松井

    失点もし、試合の流れとしても、いいところなし。自分のことで精一杯の印象。

  • 三苫くん

    入った瞬間から攻撃の起点になっていた。うまいプレーも見せていて、大学生の練習生かと錯覚するほどの落ち着きもあった。まぐれでなければトップ昇格を決めていいレベル。ゴールシーンは、何人かで崩したあとなので、ごっつあんに近い。

  • 安藤

    3人の中では一番落ち着いていた。たまたまかもしれないが、5点追いついた。キャッチング1つ1つに余裕があり、安心感を与えられたのも事実。

3、4本目

攻撃面で格の違いを見せつけるも、途中から攻撃が停滞、結果的に無得点で終わってしまった。

GK:西部
DF:エウシーニョ、谷口、角田、車屋
MF:中村、大島、レナト、小林
FW:大久保、杉本
  • 西部

    さすがの安心感、安定感。今年も文句なく1stチョイス

  • エウシーニョ

    思ったよりフィットしていた。ディフェンスも最低ライン、ドリブルやボール保持も悪くない。連携はこれから。

  • 谷口

    ずいぶん余裕が出てきた印象。ミスも少なくて、今年もやってくれそう。

  • 角田

    期待してほどいいプレーが多いわけではなかったが、DFラインに安心感を与えられる存在感は十分にあった。足元含めて合格点。

  • 車屋

    守備での安定感はさすがだが、攻めでも一定の存在感は見せた。驚くほど谷口と系統が似ている印象。

  • 中村

    さすがのプレーも多かったが、中盤の距離感が悪かった時間も多く、ミスも出ていた。

  • 大島

    悪くはないが、もっとできるはず。途中から守備に忙殺されていた印象。

  • レナト

    今年も攻撃の主軸。突破するシーンは少なかったが、時期を考えるとこんなもん。

  • 小林

    うまいプレーも見せていたが、もっと存在感を示すプレーがほしかった。とはいえ、前線にボールがくる回数も少なかったし、評価が難しいところ。

  • 大久保

    去年の悪い流れのままなのか、下がってプレーすることも多く、怖さが出せていなかった。イラついていた場面もあったが、どこまでがアクションなのか。

  • 杉本

    個人的には森島を思い起こさせる。特にトラップが大きく、ボールが納められないので、良さは半減していた。プレーの質も高くないし、まだ時間がかかりそう。