読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

# しのぎきって首位陥落(vs鹿島)

フロンターレ

しのぎきって首位陥落(vs鹿島)

スタメン

久しぶりのリーグ戦だったが、けが人が続出。

大島くんはまだ復帰できず。嘉人も痛みが引かないようでベンチ。悠くんはなんとか間に合ってスタメン。

その他に、車屋くんや長谷川くんが離脱で、勢いのあった開幕直後の状態とはちょっと変わってしまった。

また、車屋くんあたりはナビスコ含めてフル稼働だったので、その影響なのかもと思うと、もう少し他の選手も使って欲しかった。

その代わりに、FWには森本が入り、ボランチには森谷くんが入る。右サイドバックには武岡くんが復帰し、左サイドバックには谷口くんが入る布陣。

前半

ボランチの森谷くんのところが思うようにボールを回せないことと、左サイドバックの谷口くんでは全く攻撃の形にできないことで、最初から割と終始押し込まれる展開。

特に、プレスがかかった時に、縦に入れることができず、前線の森本は動きが悪く、嘉人のように起点にできるところもなく、あまり良いところがない。

それでも守備陣は踏ん張っており、鹿島にそこまでの怖さがないということもあり、フロンターレが守りに入りつつ、一瞬の隙を狙う展開に思えた。

しかし、スローイン崩れの中で、谷口くんのクリアミスがゴール前に上がり、それをうまくカイオに押し込まれ失点。嫌な流れ。

とにかく、攻撃の時の縦パスが入らない問題は、どうもナビから流れを引きずっているようで、間で受けて、中に切れ込むドリブルなど、強い攻めが全くできなかった。

それでも、悠くんの裏へ抜け出す動きにうまくタッピーがパスを出し、GKと交錯している間にエウシーニョがゴールで、なんとか同点。

このゴールだけは一瞬の隙をついて崩せたかなと思う。

しかしその後も、鹿島にうまくいなされて攻められて、終始我慢の展開で前半終了。

後半

後半は少しずつ選手を交代し、ネットや嘉人を投入するも、悪くはないものの、チーム全体のギアを上げることはできず、防戦一方になるのは変わらず。

動き出しの悪い選手が多かったように思うのと、パスの精度も極端に悪く、ミスも多かったように思う。

嘉人が入るとさすが、というプレーが多かったので、森本とのギャップが改めて浮き彫りになりはしたが、それでも本調子でないのか、ドリブルがうまくできなかったり、シュートの精度を欠いていたりで、試合を動かすことはできなかった。

ネットも悪くはないし、縦パスを入れようとする努力はあったので、試合には入れていたが、それでも前線を活性化させることはできなかった。

最後の方は、カウンター合戦のような状況になり、危ない場面を多く作られたが、鹿島の選手の決定力不足と、ソンリョンの集中力でなんとか乗り切って1−1で終了。

勝つチャンスはあったものの、正直なんとか1−1でしのぎきったという試合になってしまった。

ウィズハンド

子供が当選したので、ウィズハンドキッズについて書いておこう。

シーチケ開門12:30だった今回、13:00には売店前に集合し、子供はその後試合の始まった後15:00すぎ、15:15くらいまで別行動になる。

ちゃんと追いかけようとすると忙しく、まずは13:40頃には練習や撮影の時間のためゴール裏のあたりに集合し、パネルを持った入場などを練習しつつ、保護者の撮影タイム。

その後、選手が練習を始める時の入場にも付き合うため、14:15くらいにはまたピッチに出てくる。

練習がひと段落すると、ビジョンで名前を呼ばれ、後はいよいよ試合開始の入場。

入場時は、当選時には、ホームの入場、アウェイの入場、フラッグ、あたりが決まっていて、実際には並ぶ順序なども決まっているので、最初に集合した時に何番目の選手と入場するかも実は決まっている。

うちは、アウェイ(今回は鹿島)側だとはわかっていたが、集合した時に前から3番目だとわかり、実際に入場してみたら柴崎岳で、ちょっとラッキーではあった。

入場が終わると着替えて出てくるので、15分くらいには回収に行く。この時に、スポンサーによってはプレゼントをもらえることがあるようで、今回はZoffエキサイトマッチだったため、子供用のサングラス(ポケモンのボールのケースに入ったやつ)をもらうことができた。スポンサーさんに感謝だが、毎回ではない模様。

本人に感想を聞くと、やはり芝生のピッチがふかふかで感動したようで、そういう色々な面からも良い経験になったように思う。