読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

全ては、来季への宿題(仙台戦)

フロンターレ

www.frontale.co.jp

スタメン

橋本くんが入るかと思っていたら、トップに中野くんが入る布陣。

調子の良かった森谷くんも、怪我から復帰。良かった良かった。

陸前高田ランドを見ていると、震災後の再会試合が仙台戦だったことを思い出して、なんだかこうジーンときてしまった。

前半

仙台の堅いディフェンスの前に、ボールは繋げど、ゴール前まで攻め込むシーンは多く作れず。

ボールを保持して、押し込む展開のまま、時間だけが過ぎていく。

ほとんど仙台のカウンターは潰せていて、そのあたりは守備陣、特に3バックの武岡くん、谷口くん、コミがしっかりカバーできていて、この一年の大きな成果を見せている。

一方攻めは、相変わらず中央を固められているので、サイドからの崩しをグラウンダーのクロスやドリブル突破と1、2連携で崩そうと試行錯誤するが、最後の最後で合わなかったり、打てる場面でパスを出したりして、決定機は思うほどに多くない。

前半、0−0はある意味仙台側の思う壺なのかもしれない。

後半

足を怪我していたコミに変わってタッピーが入り、少しトップ下でボールが収まる時間が増えたものの、相変わらず押し込むが決定的な場面が少ないまま時間が過ぎる。

その中で、徐々に相手の疲労もあって、カウンターの場面も散見されるようになるが、やはり縦への推進力も弱いので、なかなかシュートシーンまで持ち込めない。

中盤では持てるし、時々カウンターとかもできるが、ペナルティエリアに差し掛かると決まって迫力がなくなる。

前回の試合から、サイドからの崩しも練習していたようで、その試みもよくわかったけど、結果的には全く点の匂いがしない。とりあえず入れてるだけのクロスになっている。

また、セットプレーもいくつもあるが、全く得点の匂いがしない。大体、コーナーキックなどもシュートまで持ち込めないことがほとんどで、枠に行くとなると本当に皆無に近い。これは何が問題なのか理解に苦しむが、せめてシュートまではいってくれないと、そりゃ得点できませんよと。

そんなジリジリとした中で、最後に決めたのはやはりこの人、大久保嘉人

もう、こんな凄い選手は間近で見ることができないんじゃないかと思う。

得点王のかかった(実質的には決まっていたけど)試合で、最後の後半80分の苦しい時間で、カウンターからミドルをズドンと蹴り込むだけの精神力と技術を兼ね備えた、本当に凄い選手。

崩してとった得点ではないけど、この1点を守りきり、1−0で最終戦は勝利。

完勝ではなかったけど、勝つという最低限の目標は果たせた。

勝利以外で言えば、最近の試合における得点力不足は、この試合も浦和戦の森谷くんのように個人技で奪ったもので、全く課題が解決できなかったなぁ、というのが残念。

以前、風間監督が、チャンスを決めないのは選手の責任。チャンスを作れないのはチームの責任と言っていた。今はその、チームの責任をきちんと果たせていないような気がして、それがとても悔いの残るシーズン終了になってしまった。

川崎の嘉人

前人未到の3年連続得点王。

怪我もなく、年間コンスタントに活躍して、移籍や、チーム状況などにも左右されなかった選手だけが掴む栄冠。

今年は前半宇佐美の独走だった時期もあったけど、危惧されていた通りあっけなく失速して、結局彼は3位。

なんだろう、選手として調子の良い時は誰でもあって、それがコンスタントにパフォーマンスを出せてこその超一流だろうと、本当にそう思う。

本音を言えば、宇佐美みたいな若い選手が、嘉人みたいなベテランと言われる選手を追い越して行くくらいじゃないと、と思うけど、まだまだ嘉人の方が一枚も二枚も上だったということ

谷口くん

嘉人の陰に隠れているが、谷口くんも全試合フル出場で、かつ無警告。

大卒とはいえ、2年目のCBが、しかもフロンターレのような常にカウンターに見舞われるような他に例のない過酷なクラブであることを考えると、快挙と言っても良いだろう。

1年目のシーズンも活躍したが、それに加えて今年は安定感が増した印象もあり、落ち着きも出てきたように思う。

日本代表にいつ呼ばれても良いとは思うが、まだ先になりそうなので、きちんと経験を積んで、よりスケールの大きな選手になってほしい。

調子の良い時には、空中戦で絶対的だったし、足元の技術は安定しているし、あとは単純な競り合いやマーキングがたまに甘くなる時があって、失点に直結していることも多い。

考えようであるけど、谷口くんがマーキングをはっきり外してしまう時は、かなりの確率で失点につながっていて、それって神様がきちんと克服しろって試練を与えているように思えて、個人的には楽しみにすら思える。

武岡くんの活躍も本当に拍手喝采って感じだけど、フロンターレが待ち望んでいた、CBとしての守備の大黒柱である谷口くんの定着は、向こう5年くらいの守備の軸の安定を予感させるくらいの喜びであった。

いや、もちろん海外に行くことを、止めるつもりはないけどね。