読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

0−0が一番つまらない(山形戦)

負けた気分が強すぎてアップするのが遅れました。

8/12の山形戦。

スタメン

マイヤが初スタメン。やはりこれに尽きる。

練習試合のマリノス戦で、1得点2アシストをしているということで期待大だった。

一方、風間さんのコメントからはまだまだフィットするまでには時間がかかるので、大きな期待はしないで、ということだったので、若干の不安を残しつつ。

前半

予想通りの山形のハイプレッシャーに苦しみつつ、前回よりはかいくぐってパスも回せた。

とはいえ、決定的な場面が多かったわけでもないし、逆に山形の攻撃に迫力があったわけでもない。

注目のマイヤについては、前半球離れの良さを発揮して、目立ったプレーもあったが、すぐに消えてしまった。

セットプレーのキッカーを抜きにすれば、前半終わる頃には、森谷くんあたりに交代でもいいのかなというレベル。

前半の終わりくらいになると少しずつスペースはできてきたものの、あと一歩が詰められない。

後半

後半立ち上がりからいい形で攻めたりできているが、やはり最後のところが決まらない。

特に、日本一もってない男、船山くんのジャンピングボレーも、GK山岸に片手で弾かれたあたりが、結果的にこの試合を難しくしたような気がする。

他にも、けんゆうが出てきて、なぜかやる気を出したような迫力のあるプレーでゴールに迫ったものの、シュートもGK正面。

あとは、時間がズルズルすぎていってしまい、終了。

山形の攻めは何もなかったし、守備もとてつもなく良いというわけでもなかったので、完全に負けた気分。

まして、無得点じゃ勝てません。

本当に、嘉人がとれないと、今のフロンターレは決められる人がいない。

レナトなき後、タッピーがその穴を埋められそうだったのに、タッピーの離脱が地味に大きい気がする。

レナト・ショックではなく、個人的にはタッピー・ショックだと思う。