読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

# 最後まで突破を夢見て(vs新潟)

最後まで突破を夢見て(vs新潟)

スタメン

今年はナビスコ杯は、サブ組を中心に組んでいるようで、この日も大きくメンバーを変えてきた。

CBには谷口くんと奈良くん、左SBにはコミ、ボランチに原川くんとネットを入れ、どうなるかよくわからない布陣になりつつある。

FWの森本も怪我ということで、狩野くんと三好くんがFWで、1つ前が橋本くんとノボリということで、ほとんどみんなMFみたいな感じ。

ノボリは本当に久しぶりの試合で感無量だし、橋本くんは見たかったし、原川くんもみんなが待ち望んでいたことだろう。

前半

新潟はサブメンバーだったのか、終始押し込む時間帯が続いた。

特に攻守の切り替えのところで、ボールをロストしてもうまくはめて逆に奪い返すことができていたので、あまり強い場面を作られることなく、攻めに力を注ぐことができた。

攻撃については、プレスが弱かったこともあり、縦パスを入れることができ、原川くんが散らし(本当はもっとチャレンジしてほしかった)、ネットが縦につける形が効いていた。

また、明確なFWがいなかったことで、前線の4人が流動的にDFの間でボールを受けることをうまくやり、ボールを引き出すことができていた。

橋本くん、狩野くんはうまくパスも出せるし、ノボリと三好くんは徐々に仕掛けたり、突破したりすることができていた。

その中で、セットプレーのこぼれ玉を谷口くんが押し込み、狩野くんがPKを獲得し、再度セットプレーから原川くんのクロスを谷口くんが綺麗なヘッドで決め、前半で3−0とほぼ試合を決定づける内容で圧倒することができた。

後半

後半になってもボールを保持して前に進む時間は多かったが、前半に比べれば多少トーンダウンしたところもあった。

しかし、新潟に推進力がなかったこともあり、守備も危なげなく進め、三好くんが徐々に存在感を増し、シュートのこぼれ玉を橋本くんがゴールで4点目。

最後に、前線からのプレスでうまく狩野くんをGKと1対1にし、5点目。

ノボリが久しぶりの試合で足がつるのは仕方ないとして、最後にコミが相手選手に足をかけられて、足首を痛めて退場したのは不安材料だ。

最後10分弱は、交代枠を使い切ったこともあり、10人で対応することになったが、それでも危なげなく攻める姿勢なども見せつつゲームをクローズできたのは、なんかこの前の福岡戦とは打って変わって、強さを感じた。

ミヨッシ

みんなの期待の星、ミヨッシが徐々に開花しようとしている。

前半こそ不用意なボールロストを含め、あまり存在感を出し切れていなかったが、後半になってくると徐々に自信を持ってドリブルを仕掛けるようになり、シュートもより積極的に狙うようになった。

結果的にそれが4点目の橋本くんのゴールにつながるのだが、おそらく本人はあくまでも最後までゴールにこだわってプレーしていたように思える。

ユース出身の期待星というだけであれば、過去に木村くんなど他にもいたが、三好くんの得点感覚であったり、ドリブル技術であったり、ボールを最後まで追いかけ回すスタミナであったり、どんどん前に向かっていく姿勢であったり、彼の良い部分が存分に出た試合になったような気がする。

あとは、スペースがない時にどのような判断をし、より正確にプレーしていけるか、という部分がまだまだ課題としてあるが、フィジカルを含め、ようやく彼の才能が花開き始めようとしている気がする。

楽しみは多いに越したことはない。