読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

終わりはいつも、あっさりと(天皇杯 ガンバ戦)

フロンターレ

www.frontale.co.jp

概要

天皇杯のベスト8を決める戦い。

ガンバ大阪とは今シーズン2回対戦して負けていないけど、1週間空いて万全の状態という意味では全く参考にならない。

日本代表で、藤春、宇佐美あたりがいないが、怪我で辞退したはずの東口はしれっと先発。

あと、天皇杯で一発勝負なのに、あろうことかフロンターレの相性の悪いガンバ大阪のホームでの対戦。

なんとなく、嫌な予感しかしない試合ではあったが、逆にこれを勝てば勢いに乗れるかもという希望もあった。

スタメン

悠くん、森谷くん、ノボリが怪我で、橋本くんが先発かとも思われたが、結局ケンユウできた。

GKは新井くん。武岡くんと谷口くんはいつも通りで、車屋くんとコミ、中野にエウシーニョ、大島、ケンゴ、嘉人、ケンユウが先発。

嘉人も怪我で全体練習から離れていたようだし、ケンゴも試合を通して調子悪そうだったし、森谷くんとタッピーが揃ってスタメンじゃないのが痛い。

前半

案の定、立ち上がりからガンバペースで、特に前線からの連動したプレスにパスミスを連発。

シュートどころか、前線にボールを運んだり、そこから崩したりすることすらできず、ただ守備して、持ち上がったと思ったらカウンターされて、と相当に重症な感じ。

ガンバの守備も、中央を固めたり、中野くんをディレイさせたり、対策してきたけど、そんなことは初めから分かっていたことで、今更慌てるほどのことではないはず。

きっかけがないままに時間が過ぎていくと思ったら、半分過ぎたあたりからようやくボールが回るようになった。

とはいえ、前に運ぶだけで、決定的なシーンをほとんど作れないまま前半が終わるかなと思った矢先、アディショナルタイムにパトリックのキープからの大森のゴールで失点。

パトリックのキープを、調子の悪そうな谷口くんが抑えられずに、中央目を話した隙にグラウンダーのクロスを上げさせてしまった。

谷口くんの対人もそうだし、中で大森くんを見るべき武岡くんもそうだし、新井くんだって十分にチャンスのあるシーンであっただけに、残念。

後半

コミに変えてタッピーを入れてきた。

確かに、始まってしばらくは推進力が増したが、そのあと存在感が消えてしまう。さすがに1年半近くシーズンやっていると、疲れか。

ハーフタイムの風間さんのコメントも、一言「ひどいね」ということで、そりゃそうですよというくらいのパスミスは、やはり後半になってからもあまり減らなかった。それでは勝てません。

そうこうしているうちに、ガンバに追加点。

これも、武岡くんが寄せている中で、切るべき方向を誤った谷口くんのせいで失点。

新井くんも、あまりとる気がないような立ち位置で、いいコースではあったが、防げた失点だった。

試合はほぼこれで決まり。

途中橋本くんが出て、ある程度馴染んで見せたけど、流れを変えるほどではなく、最後まで前への推進力はなく、もたもたボール回しをやっている時間もあり、ガンバにいいように時間を使われて終了。

完敗ではあったけど、トーナメントという気迫というか、危機感が全く感じられない、残念な試合だった。

攻撃的なスタイル

個人的には、失点もそうだけど、ここ数試合で得点がとても少ないのが厳しいと思う。

当たり前だけど、得点が増えればどんなチームでも勝ちは近づく。

フロンターレの場合は、それに輪をかけてチームの雰囲気が天と地の差になりやすい。

なので、チームとして得点が少ないというのは、すぐに閉塞感につながってしまう。

守備の立て直しと叫ぶ人は多いし、それはある程度理解できるけど、それでも得点を奪うところだって改善が必要だっていうことを忘れてはいけない。

ペナルティエリアに入ったら、ファーストチョイスはシュートであるべきなんだけど、本当にそれがない。

昔が良かったとは簡単に言いたくないし、実際そんなことないとは思うけど、FWのシュート意識、俺が打つ!決める!という迫力に関してはやはり段違いだと思う。

フリーでシュートなんて、ありえないんだから、1対1の状況でもきちんとシュートを枠に飛ばす、というかまずは打つという意識を持ってほしい。

攻撃的なスタイルを貫いて、毎試合ゴールが2つ3つ決まれば、守備がどうのとか言わなくても、このチームは結果がついてくると思う。