読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

そんなに甘くない(広島戦)

フロンターレ

スタメン

注目のGKは西部。

新井くんも悪くないけど、シュートストップに関しては西部の方が上なので、そこに期待ということか。

首位の広島に勝てば、ずいぶん優勝争いに近づくということで、フロンターレとしては意地でもとりたい試合。

とはいえ、そんな気合の入った試合に限って、空回りすることの多いチームだけに、守備の強い広島相手ということもあって、期待半分不安半分というところ。

前半

立ち上がりから、いつも通りのフロンターレの攻撃を見せようとするも、広島の堅い守備に阻まれて思うようにできない。

ボールを保持するフロンターレとカウンターに徹する広島の構図は、概ね最後まで変わらなかった。

嘉人がGKと1対1になるなど、チャンスもいくつか作りつつも、決めきれないままに0−0で前半終了。

全体的に、様子見で慎重な立ち上がりから、チャンスでは嘉人をはじめとして、みんな力が入って枠に行かないような感じだった。

後半

後半開始早々に、CK崩れから、よりによって柴崎に華麗なミドルを決められ失点。

とにかく守備の堅い広島に先制されたのは結構痛いと思いつつ、早いうちに追いつけば逆転もできるようなチームの雰囲気はまだ救いだった。

ところが、時間が経つに従い、どんどんフロンターレがゴール前に迫る回数が減り、中盤でのボールロストからのカウンターが増える。

明らかに良くない流れ。

特に、連戦の影響か、動きが少なくなり、明らかに追い越す動きが少なくなっている。

しかし、終盤、嘉人のスーパーミドルでなんとか追いつき、これからという流れで、広島にゴール前の混戦に持ち込まれ、最後をあろうことか、途中出場の山ちゃんに決められる。

本当、柴崎、山ちゃんと、元フロンターレの選手に決められて敗戦するとかありえない。

しかも、二人とも事故みたいな素晴らしいゴールだったので、余計に悔しい。

とはいえ冷静に見ると、フロンターレの押し込みがずいぶん弱かったのも事実で、後半少し盛り返したものの、ゴール前の迫力は最後まで戻らず、あっけなく終戦。

風間さんのコメントにあったように、交代で入ったケンユウが全く使い物にならず、いたの?って感じだったのは、ケンユウだから仕方ないと思いつつ、非常に残念。

そうは言っても、他に入った車屋くんや森谷くんも同じようなもので、もっと試合の流れに入り、違いを見せるプレーや、やるべきことをきちんとやっていれば、逆転のチャンスは十分にあった試合だった。

今日の収穫は嘉人の得点王がまた1つ近づいた、ということだけ。