読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

勝つべき試合を、ただ勝っただけ(天皇杯 松江シティ戦)

www.frontale.co.jp

3−0で快勝したものの、内容的にはもう一声。

少し改善したようにも思える反面、相手のレベルを思うと、素直に安心できず。

とりあえず勝ったことを喜ぶ、それだけといえば、それだけ。

スタメン

天皇杯ということで、少し落としてくるかと思いきや、完全にフルメンバー。

その中で、GKに西部が復帰。

あとは、けが人のタッピー、悠くんが戻ってきた。

布陣として、攻撃の時間が長くなると踏んだのか、武岡、谷口、小宮山の3バックで、守備を1人減らしてた。

前半

慎重に入った前半ではあったけど、目論み通りポゼッションする時間は最初から長かった。

ただし、Jリーグでのよくない流れを引きずって、ゴール前でのスルーパスにこだわり、ラインに人をかけて守る松江の守備陣にひっかかる。

20分以上シュートを打っていなかったようで、先制点は大島くんのミドル。これでずいぶん救われた。

あまりにラインに人をかけるので、全体を通して中盤、特にケンゴのところがフリーになることが多く、ミドルももっとチャンスあったはずなのに、ちょっと押し込むことにこだわりすぎる。個人的にはもっとバリエーションが欲しい。

タッピーはまだ積極性という意味で戻りきっていないが、さすがのサイドの崩しを見せてくれたし、悠くんはさすがにシュート意識が高く、GKに止められたけどゴールのお膳立てまでできた。

とにかく中盤で持てるので、そこから先の崩しを繰り返し試せたという感じではあるけど、もうちょっと崩しきるシーンが多くてもよかったはず。相手守備陣に結構がんばられた。

その中で、悠くんのボレーからエウシーニョの押し込みで2点目。これでなんとか勝てるかなという雰囲気。

後半

後半から森谷くんに代えて中野くん。

今日の森谷くんはパスの精度が低かった気がする。個人的にはもっとがんばれるはずだと思う。

とはいえ、中野くんが今日はかなり良かった。

2列目で持った後、相手をかわして縦パスという中で、何度もチャンスを作ったし、得意のドリブルで切り込むというアクセントも織り交ぜることができていた。

とにかく、プレーのスピードを落とすことなく前につなぐことができていたので、リズムがよい。

決定的な仕事をできそうな雰囲気は出てきたので、これは期待できそう。

それに比べ、マイヤはいまいち。まだ時間かかりそう。

後半、嘉人が押し込み、3点目を入れると、勝利はほぼ確定ということで、スタジアムは船山くんのゴールを期待する雰囲気。

それでも、持ってない男伝説は今日も健在で、ほとんどノーチャンス。

今日みたいな試合なら、船山くんはゴール前で待ってればいいと思うんだけど、下がって受けたりしているうちに、ほとんどシュートチャンスはなし。

効果的な動きも少なかったし、残念。

マル

最近のサポは、実は知らないようだけど、等々力ではとてもいい雰囲気で(スカッと勝てたし)マルを迎えることができた。

しばらく見ないうちに、マルはずいぶんよいCFになっていて、(一応日本代表の)谷口くんと空中戦で概ね対等の勝負をしていた。

チームとしても、カウンター中心の数少ないチャンスではあったけど、裏を狙ったり、キープを狙ったり、精力的に動いていたし、結果さえ残せばもうちょっと上のカテゴリーでできるのではという印象。

今では、地元の企業に勤めながら、サッカーも続けているようで、人間的にも成長したような雰囲気を感じさせてくれた。

フロンターレというチームの特色なのか、過去に所属した選手がこうやって凱旋してくれると、本当に嬉しい。

ホームチームを差し置いて、松江シティFCの挨拶にサポ全員でこたえていたのは、まさに象徴的。。。)

ジャイアントキリングがなければ)天皇杯はこういう雰囲気だから大好き。