読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

惨敗(柏戦)

負けた試合の後は気が重い。

ブログに書くのも億劫になる。

ひどい内容であればなおさらだ。

その典型が、今回の柏戦だった。

前節のスタメンから、船山、井川がベンチに、武岡がケガで離脱。

あとは、日本一もってない小林悠がまたもやケガでベンチからも離脱。

代わりに、杉本、田坂、森谷がスタメン。

内容は、さくっと最終ラインを突破されて、あっさり前半の早いうちに1−0にされた後、スコアは動かずにそのまま敗戦。

バイタルで自由にまわり、簡単にスルーパスでシュートまでもっていけ、ボール奪取も思う壺で、やりたい放題。

正直、柏に気持ち良くサッカーさせてしまった。

悪い時はいつもそうで、ボランチから前のラインでボールを奪取され、そのままカウンターを繰り返し。

とにかく、つまらないミスでボールを奪われることが多く、また相手のボールをうまく奪えず、リズムが全くつかめないままだった。

おまけに、ゴール前まで侵入して、チャンスはいくつもあったものの、どれも決めきれず、そりゃ得点できなきゃ勝てませんという話。

いや、もちろんピンチもたくさんあったけど、ネルシーニョ柏よりもずっと戦いやすく、怖さがなかっただけに、余計に負けたのが悔しい感じ。

割と自陣でボールをまわし、まわされることが多かったため、前線はほとんど目立たず、けんゆうは存在感0で、船山もなにもできず、嘉人もほとんどボール触れなかった印象。特に、ボランチあたりから前にボールをつけるのが、ことごとくつぶされたので、そりゃ運べません、無理。

後半、3バックにしてようやくリズムをつかめたあたり、風間さんのお家芸っぽかったのだけど、疲れてきた相手を翻弄しつつ、ゴール前で嘉人が決めきれず、嘉人が決められないと今のメンバーでは決められる人がいないということで、無得点終了。

そんなに柏の攻めや守りが厳しかったわけじゃないのに、フロンターレがつまらないミスで自滅、そんな試合だった。

レナト・ショックとは関係なく、鬼門の柏で飲まれてしまったのかもしれないけど、なにも得るもののない、早く忘れたくなるような、でもなんども繰り返されているような試合だった。

チャンスはたくさんあっただけに、無念。