読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

快勝(FC東京戦)

フロンターレ

2ndステージ初戦ということもあって、一時期ほどの”多摩川クラシコ”感は、個人的にはなかったけど、

それでも力のある相手に2−0で勝ったのは大きい。

スタメン

けが人が一気に戻ってきて、どうするのかなと思っていたら、ケンゴと大島くんを入れた布陣で、新井も谷口ボランチもそのまま。

タッピーは、スタメンで出て欲しいと思う反面、向こうで1年やった後だし、OFFなしで2ndシーズン入るとコンディション的にしんどいはず。なので、休ませながら徐々にコンディションを整える感じかな。

FC東京としては武藤がいなくなり、前田に期待がかかるのだろう。さすがに新外国人はフィットしてないだろうから、案外今のうちに当たるのはいいのかも。

前半

初めからFC東京は最終ラインにハイプレスをかけ続け、フロンターレはなかなかリズムがつかめない。

フロンターレも、ドルトムント戦をくぐり抜けてきたから、運動量を落とさずに対抗するが、ミスもあり何度も危ないシーンが見られる。

思えば、この時間帯できちんと堪えたのが勝因でもあった。

プレスの中をきちんとつなぎ続けることで、30分過ぎたあたりからプレスがかからなくなり、相手の攻撃がにぶくなり、フロンターレが自由に攻め上がる時間が増える。

欲を言えば前半で1点ほしかったくらいだが、0−0で折り返し。

両チームとも、球際厳しく集中してたので、ゲームとしては緊張感もあって、おもしろい。

後半

後半は終始フロンターレペース。

人数かけて攻め上がり、カウンター潰しも聞いていたので、ほぼピンチなし。

あとは、コミの冷静なクロスに、エウシーニョの華麗なアウトサイドキックで先制し、

レナトの狙い澄ましたFKで追加点。

今のランキングを考えると、嘉人にも1点ほしかったが、今日は彼の日ではなかったようだ。

最後まで危ない場面なく、安定した内容で2−0で勝利。

完勝と言ってもいい勝ち方だったように思う。

しっかし、エウシーニョは4試合連続ゴールらしいが、

ウイングバックが点を決めるのも素晴らしいし、それをアシストしたのが逆サイドのコミというのもまた素晴らしい。

嘉人はちょっと周りを見てバランスをとっているのか、自分で決めてやる!というギラギラ感が薄れているようで、気になる。

備考

現地で見た人は完勝と思い、テレビ観戦では辛勝という傾向にあるようだけど、

印象の違いはどこにあるのだろうか・・・

FC東京のシュート数や、シュートの状況を考えると、それほど危ないシーンがなかったように思うけれど・・・