読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

6/20 vs松本山雅

天野さん渾身のカブの日ということで、場内では多くのイベントが開催されました。

お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:6/20 松本「ホームゲーム開催情報」について

天気も崩れず、川島くんも来場し、あとは勝つだけ!という雰囲気。

実際松本山雅も、J1に上がった今季(船山くんを抜かれた影響もあって?)いまいち調子が上がらず、ここ一ヶ月ほど勝ちがなくて苦しんでいるらしい。

試合は、終始フロンターレがボールを握っている状態で、スコア的にも完勝という内容。

とはいえ、途中途中で、いつものボールを周りでまわしているだけでチャレンジのない時間帯も多く、本質的な課題は解決されていないのでは?と不安になるところもあった。

とはいえ、松本山雅のカウンター攻撃が雑で、あっさりボールを取り戻せたので大事には至らず、結果として安定して攻撃し続けられ、PK失敗はあったけど、なんとか2点を奪えて、失点もなく、めでたしめでたし。

スタメンとして心配だったのは最終ライン。井川、車屋、武岡ということで、谷口、角田がいなくてどうかと思ったけど、結果的には全体的に落ち着いてカウンターを潰し続けられた。

大きいのは武岡くんのカウンター時の潰しであり、井川と車屋の落ち着いたボールさばきだっただろう。

ボランチの谷口くんは、空中戦をはじめとした守備にはずいぶん雰囲気が出てきたが、ボールさばきはまだまだ。森谷くんが時々一列前から降りてきてフォローしてくれたので、なんとか。後半憲剛が出てきて、一番肩の荷が下りたっていう顔してたのは谷口くん。

前線は、船山くんのからみが一時期よりも減った気がする。得点もないものの、アシストしたり、いい守備や動きは継続しているので、パフォーマスンスが下がらないでほしい。嘉人はさすがの中盤から攻撃への中心だったが、せっかくのチャンスをPK失敗で、残念。とはいえ、時には外すこともあると思えば、今日みたいなリードしている場面での失敗は傷が少ない。もっと大事な場面で決めてもらいましょう。

最後はエウシーニョ。前節に続いて、素晴らしいミドル。積極性もいいし、調子も上がってきた。サイドバックよりも、なるべく前でプレーさせてあげたい。

個人的な今日のハイライトは、川島くんチャントを久しぶりに歌えたこと。

エイジ! エイジ! エイジ! 俺たちのエイジ! エイジ! エイジ! エイジ! カワシマエイジ! カ・ワ・シ・マ エ・イ・ジ!! カ・ワ・シ・マ エ・イ・ジ!!

感無量