読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wolfmasa's blog

フロンターレとプログラミング関係の話題を、気が向いたときにつぶやくブログです。

私的フロンターレ2014

フロンターレ

※Advent Calender 2014 フロンターレの記事です。

 

何を書くのか非常に悩みましたが、意外に少なかったので、

今年の印象を、勝手な視点で語ってみようかなーと思います。

 

最後が低調だったので、見直すと割と辛口ですが、個人的には悪くなかった一年だったと思いますし、今のJリーグの状況を考えても、チームとしてのパフォーマンスはよかったと思っています。あとは勝負強さというか、安定した戦いですね。

 

では、はじめます。

 

GK

杉山

  長い下積み時代を超えて、西部の怪我もあって出場機会は多かったものの、全く期待に応えられなかった。とにかく足元がひどく、ゴールキックは飛距離とコントロールどちらもひどかった。バックパスの処理が危ないはご愛嬌と笑って許せても、1対1はほとんど止めることができず、立ち位置のミスからの失点も多い気がした。本人も自信がないのか、自分のことで精一杯といった印象で最初から最後まで安心感からはほど遠かった。練習では上手なのだが。。。年齢的にそろそろ限界が見えた印象。
 

西部

 さすがのシュートストップで安心感のある試合も多かったが、昨年に比べ若干パフォーマンスが良くない試合もあったか。常に最低限の仕事はするし、怪我には気をつけてほしい。
 

新井

 なぜベンチなのかわからないまま一年が過ぎた。。。
 

安藤

 どうした!?
 

DF

 實藤

 谷口とのコンビは一時期チームを救ったが、どっちが新人かわからない薄いインパクトで、ベンチを温めることが多かった。スピードはあるだけに、対人がもうちょっと欲しいか。あとは自信か。そろそろ覚醒してほしい。
 

 田中

 前半はチームを支えていたが、徐々にパフォーマンスが低下。コミが右にきたらめっきり見なくなった。攻撃的な上がりは相変わらずだったが、ささいなパスミスや、対人守備が時々あやしかったからか?移籍はとても残念。。。
 

井川

 安定感は随分と増し、ジェシとのコンビも一番良かった。怪我もあったが、立場としてもっとDFラインを引っ張って欲しかった。スピードも足元もあったが、コンスタントにもう一段上のプレーをしてほしい選手。
 

ジェシ

 怪我もあり、コンディションの上がらない期間が長く、らしくないプレーも多かった。でも、高さと存在感は抜群で、一定の安定感は与え続けた。不調の時はスピードでお手上げになってしまうことがあり、チームのスタイルとしても難しかった気がする。メンタル的に与えた影響が大きいだけに、来季は心配。
 

中澤

 いいプレーもあったが、食いつきが中途半端で、軽い守備が最後まで改善されなかった。気合いは感じるが、見てる方は不安。一応、昨年よりはましになったし、高さについてはある程度計算できるが。。。
 

小宮山

 みんなの好きなコミが帰ってきて、心配していた戦力外もまぬがれるほどの活躍。しかし、守備的なバランスを意識するあまり、本来の良さである攻撃的なスタイルが見られなかった。チーム事情でコンバートされた右でもさすがの安定感だっただけに、もっとミドルが見たかった。ノボリやレナトと比較されて遅いイメージなのがかわいそう。
 

登里

 昨年からの成長著しい。特に前半の左SBはよかった。スピードもあれだけあるとDFとして武器になるし、対人、ボール回し、共にミスが少なかった。レナトとの連携も一番よく、来年も大いに期待できる。
 

谷口

 今年は彼なくしては語れない。ボランチとしての才能は、現時点ではあまり感じないが、CBとしては安定したパフォーマンスを最後まで見せてくれた。とにかく冷静でクレバーなプレーは、ヒロキさんを彷彿とさせる。欲を言えば、もっとセットプレーに絡んでもいいのでは。
 

山越

 出た試合はそこそこだったが、まだ全体的にクオリティが低い印象。前で使うには攻撃がそこまでできず、後ろで使うには安定感がまだまだ。そろそろ年齢が気になる。
 

福森

 最後滑り込みで、意外に活躍したので、実はもってる男。しかし、シーズン通してみると、ほとんど仕事をしていない。ボランチとしてフィードをからめるアイデアは風間さんの意図か、一時的には効果があったが、来年以降、どのポジションで使うかは難しい。個人的にはCBか。レンタルでもいいのでは。
 

武岡

 あまり印象はない。SBとしてはコミの方がずっと安定していたし、ストロングポイントがわからないまま一年が終わってしまった。
 

車屋

 出す方もすごいと思ったが、意外にやれた、素晴らしい。今年の鹿島のように、多少のリスク覚悟で、来季は谷口、車屋のCBと心中してもいいかも。もうちょっと体格がよくなるとなおよい。
 
 

MF

山本

 後半徐々に出番を得た。パフォーマンスもなかなか上がらなかったが、最低限の仕事はできた。ボランチだけでなく、前もできるので、バックアッパーとしては計算できるし、貴重。ケンゴ、リョウタ不在の時には、パスの出し手としての能力を求められたが、その点では全く期待に応えられなかった。ボランチを組む相手によって落差が激しいが、後半のパフォーマンスができるなら、もっと攻撃的な意識をもってもいいのでは。
 

中村

 リョウタとのコンビは前半の戦いを支えた。チーム戦術として、ボランチの出来で勝敗が左右される試合も多かっただけに怪我が残念。W杯も残念だった。チームを支え続ける存在は、プライスレス、レジェンド。
 

稲本

  90分出る試合もあったが、チーム的に守備的MFはそもそも出番が少なかった。出た試合は、守備とスルーパスに、できることは常にしていたが、ケンゴやリョウタの代わりはなかなか難しかった。CBをやるという話もあったが、ボールへのチャレンジを見ていると、やはりボランチの人という印象だけが強くなった。ボール奪取の技術は今年も一級品だっただけに、移籍は残念。
 

パウリーニョ

 日本語がうまかった。プレーは最後までフィットしなかった。アプローチが遅いので、ファールも多かった。
 

可児

 来年はリーグ戦で見たい。フィジカルが弱いのと、ミスも多いが、可能性は感じた。もっと積極性もほしい。
 

金久保

 いい時もあったが、消えてる試合も多く、落差の激しい印象。技術的にうまいのは確かだが、メンタル的な問題だったんだろうか。もっとガツガツいっていいのに、と思うことも多かった。個人的には彼もフィットしきれなかった一人のように思える。
 

FW

レナト

 困った時のレナト頼み。もうちょっとシュートの精度が欲しいが、それがあったらすぐにでも渡欧しそうで複雑。相手もかなり対策してきているが、その中で一年間ドリブルで切り裂き続けたのは立派。怪我に強いのも素晴らしい。パスをうまくやりたくなるのもわかるが。レナトだけはもっともっと強引、ワガママにいっていいと思う。優秀賞おめでとう。
 

小林

 代表に選ばれたのは、まぐれスーパーゴールのせいもあるが、安定感が増したのが一番の要因だろう。怪我とか、相変わらず惜しい存在であり続けたが、今シーズンの大きな期待の一つになった。調子に乗るとドリブルで抜こうとするが、レナトを見慣れていると、相変わらず危なっかしい。キーパーとの駆け引きも上達したし、もっとセットプレーでの得点も増えてほしい。メンタル的にもっと成長して、もっともっと苦しい時に点を取るFWを目指してほしい。
 

大久保

 我らが得点王。しかし、数字的にも、プレーとしても苦しい時間が長かった。特に後半はチームの低調とあわさって、ボランチ付近まで落ちてくることが増え、神戸時代を思い起こさせる怖くないプレーヤーになってしまった。それでも、コンスタントに点を取るのはさすがだし、ハットトリックは圧巻だった。悪い時に言動が悪循環になることも含め、来年はヨシトをうまく使ってあげるのも大事になるのでは。下がってきた時に、黙って前で待ってろと追い返す気概のあるMFがいてもいいと思う。
 

森島

 やはり色々荷が重かった。メンタル的な弱さが露呈した一年だった。とはいえ、途中出場で何度も点を決めているのも事実。意外に評価が難しい。ヨシトとは違うのだから、どっしりポストプレーに専念するのも一つ。そのためにも、もっともっとヘディングの練習をしてほしい。猶予はあと1年だろう。
 

ビョンジュン

 いい試合もあったが、まだまだ荒削り。得点できたのは本人のためにもよかった。もっと強引さと、積極性があれば、サブとして貴重なコマになりえる。まだまだ全体として能力不足だが、可能性は感じた。
 
 

風間監督

 いい時期もあったが、チームとしての安定さが出せなかった。それはひとえに守備が崩壊したから。監督として、悪い時に立て直せなかったのは課題。選手交代のバリエーションももっと出せた気がするが、メンバー選考やフォーメーションはうまくやりくりして戦えた。チームのベースはできたが、最後の失速で、来シーズンを見る目がかなり厳しくなってしまった。来年は勝負の年になるだろう。